読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memo -a day in my life-

あいかわらずなボクら。

まっちょくん。

昨日の朝日新聞の番組紹介ページにある
はてなTV」っていうコーナーに
VS嵐のマッチョくんのことが載ってました。

Q.
VS嵐」の中の「ジャイアントクラッシュ」のコーナーで使われる巨大なオブジェは、製作に何日かかるのですか?

A.
人気グループの嵐がゲストチームとアトラクションゲームで勝敗を競う「VS嵐」。
番組の顔となっているのが、人気コーナー「ジャイアントクラッシュ」に登場するロボット型のオブジェ「VSマッチョ君」です。

フジテレビの美術デザイナー鈴木賢太さんによれば、高さ約4メートル。発泡スチロール製ですが、重りを含めると100キロにもなるそうですよ。
このVSマッチョ君、毎回、ゲストに合わせてポーズや顔の表情、身なりが変わっています。一から作り直すわけではないにしろ、製作には1週間程度を要するそうです。その際、もっとも苦心するのが、バランスです。
ジャイアントクラッシュは、64個のブロックの上にVSマッチョ君を載せて、嵐チームとゲストチームが交互にブロックを下げていき、オブジェを倒したほうが負けというゲーム。最後まで倒れそうで倒れないハラハラドキドキ感が肝となるだけに、ブロック2、3個でも支えられるようにしなければなりません。が、踏ん張りすぎてはダメで、倒れるときは豪快にバラバラになるように重心とポーズをどう決めるかが腕の見せどころなのだそうですよ。
(2011年1月18日 朝日新聞より抜粋)

VSの収録って基本隔週だから
スタッフさんはそれはそれはフル回転でお仕事をしているのでしょうね。

100キロもあるんだねえ。
発泡スチロールなのは観ててわかってたけど
そうだよね。重りとか入れないとちゃんと立ってられないもんね。
案外重いんだね。

考えに考えて作られているマッチョくん。
大宮のふたりがいつもものすごく興味深げに眺めている印象があります。
クワガタマッチョくん(だったっけ?)を持って帰りたくなる気持ちもわかるな。

ジャイアントクラッシュの時は
何故だか家族の誰かが必ず何か言います。
観てるこっちも参加できるからかな。
お義父さんやお義母さんは
「それじゃない。」とか「もう落とせないんじゃない?」とか言ってるし
ダンナはクラッシュすると「あーダメだー。」とか言うもん。突然。
あんまり興味なさ気にしてるようでしっかり観てるんだ?!ってびっくりする。
VS嵐は家族みんなで観られる番組です。

「本日のジャイアント、オープン!」の時に
画面下にちょこっと観える相葉くんのうしろあたまがね。
もうね。一瞬だからね。超集中してますけれども(笑)。
それを見つけてはひとりくふくふしております。
かわいいなあ。って。

PINKY DATE: 01/19/2011
十夜さん、こんばんは〜\(^o^)/
地方新聞も最近GANTZだらけです。
映画公開前とはいえ、新聞の裏側に
「てめえ達は5面の敵をやっつけてくだちい」と書いてあったので
5面を見ると、GANTZの単行本の発売予告でした。

一面、にのちゃんと松ケンがどーんと載っていたり
なんだか嬉しい事が多いようなここ数日ですが
最近は録画して放置していた「フリーター」を編集しています。

VSマッチョ君、凄く大変そうですよね。
いつも可愛いので、戦いよりか
マッチョ君を気にかけつつ見ています(笑)


十夜 DATE: 01/21/2011
PINKYさん。こんにちは。
GANTZのにのさんは綺麗ですよねー。美しい。
それが一面に載ってたら嬉しいような恥ずかしいような。
って恥ずかしいのはそれを見ている時の私の顔の方ですが(笑)。

は!フリ家!
お正月の再放送もしっかり録画して
もう一度観てから感想書こうとか思ってて
そのままです…。
がんばります。(今更ですけれども。)