読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memo -a day in my life-

あいかわらずなボクら。

ひとりごと。

さみしかったりヘコんだりした時にふと想うのはあのコよりあのコの隣にいつもいるコの横顔だったりする。話を聞いてほしいなって想うのはそのコが慕う年長のあのひとだったりする。冷たい醜い感情も他人事を他人事として聞き流してくれそうな気がするからかな。あのコの笑顔はとてもとても優しいけれど時々眩しすぎたりするよ。
ぎゅっと抱きしめてもらうよりそっと頭撫でてもらえればいいや。少し気持ちが軽くなったらあのコに「行こ。」って手を引いてもらって、少し先を歩くふたりに「待ってたよ。」って言ってもらえたらまた一緒に歩いていける。