読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memo -a day in my life-

あいかわらずなボクら。

あれから1年。

今だってまだ言葉が見つからないのです。
なんて言ったら良いのか悪いのか。
励ましになるのか慰めにもならないのか。
わからないのです。

何日経ったとか何ヵ月経ったとか何年経ったとか
区切ったところで何がどうなるというものないと思うけど。
でもね。笑うこともできる日にしたいなあって
そうなっていったらいいなあって思う。
あの日に産まれた子供たちがいる。今日産まれた子もいるでしょう。
来年も再来年もこの先ずっとこの日が誕生日になる子供たちがいる。
忘れないこと記憶を繋いでいくことも大切だけど。
その子たちの誕生日の思い出が
悲しい怖い映像や写真やお話に囲まれるものばかりにならないように。

って自分の誕生日がそういう節目になるような日のうちのひとつだから
そう思います。