読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memo -a day in my life-

あいかわらずなボクら。

モデルズ。

arashi tv

2013年!僕らが福嵐を巻き起こします!!
3日目。


右手を上に伸ばし人差し指を立てて入ってくる翔さん。次に相葉くん。(特に何もしてない。)翔さんと同じポーズ(ただし手は逆。)で入ってくる潤くん。拍手大宮。
3日目にしてにのちゃんのお衣装のお腹に大きく「N」って書いてあるのに気づいたよ。

BABA嵐をにのがレポート。
「まだ収録されてないということなので、さしこみです。」

この福嵐の後に収録されたBABA嵐で、対戦ルームに移動するにのにカメラを渡します。
「今からですね、リポートの方をしたいと思います。よろしくお願いいたします。」
廊下を移動しながらたべちゃんにインタビュー。
「おたべちゃん、どう?」
「ん?ん?」
「いける?」
「いけますよ。」
「ババ抜きとかよくやったでしょ?」
「ん?んー。やりましたやりました。」
「そうでしょ?」
「すごい、でも久しぶりにやるから。楽しみ。」
「みんなとね?」
後ろにいるまなちゃんにもカメラを向ける。
「がんばります!」
ガッツポーズするまなちゃん。
「がんばって。」
「はい。」
「いいねー。かわいいねーホントに。」
対戦ルームがあるスタジオに入る。
「勝てそう?」
「なんだか恐いです。」
「恐いよね?緊張しちゃうよね?」
「はい。」
その後ろにいた野村監督も入ってくる。
「お願いします。野村さんババ抜きってやったことありますか?」
「70年ぶりか…。」
スタッフさん笑う。たべちゃんやまなちゃんも笑ってる。
「70年ぶり?!ホントですか?」
「子供の時にやったきりだよ。」
「あっそうなんだ。今おいくつですか?」
「77。」
「まなちゃん、いくつ?」
「8歳です。」
へへへってノムさん笑ってる。
「すっげぇ対戦じゃないですか。」
たべちゃんもそれを聞いて笑ってる。
対戦ルームの中がモニターに映ってるのを見てるまなちゃん。
「こん中で閉じこもってやるんですか?」
「そうそう。みんなで。」
「負けちゃったらどうしよ。」
「負けたら大野さんと戦うんだよ。大野さん弱いから大丈夫だよ。」
甘優しい声のにのさん。
「ということで、1回戦グループはじまりますので、本番お楽しみにということで。以上です。」
いる場所が暗いのか、ライトをカメラで遮っちゃってるからか、暗くてお顔がよく映ってないにのさん。
誰にしてもカメラ近い(アップで撮る)にのさん。

大野さんは、ババ抜きに強いとかないと思っている。

今夜の告知生ナレ担当は大野さん。
駿太郎を「すんたろう」と言いそうになったり「めでぃかるさすぺんすえんたーていめんと」が言いにくかったりしつつも、ちゃんとできました。ちゃんとできると自然と拍手する嵐が愛しいね。

相葉くんの思う潤くんの大好きなところ。
CM前。
「ちょうだいちょうだい。」
「ゆっちゃうよー?」

普通に立ってる相葉くん。枠に頬杖ついてる潤くん。
後ろは翔さんとにのちゃんが中腰でガッツポーズ。真ん中で大野さんがふたりの肩に手を置いて立ってる。
「嵐のライブ中に、松本潤くんは、僕と目が合うところがだーいすきっ!」
潤くんに全開笑顔を向ける相葉くん。両目ぎゅうっとつぶって天使笑顔の松本さん。(←言葉で表現できないかわゆさ。)
「合うね。」
「よく見てくれてんですよね。」
「いつも見てます。」

「だーいすきっ!」の言い方ーーー!!!!
ふたりとも天使だった…。もう何あれ。かわいいよーかわいいよー。今度からモデルズじゃなくてエンジェルズにしたらいいと思います!