読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memo -a day in my life-

あいかわらずなボクら。

僕には君にしか見せられない顔がある。

a

相葉くんはたぶん隠してるつもりはなくて。
でも見せる気もないんだろうな。

意識的にも無意識にも見せたり見せなかったり。
それってなんてアイドル……!!
でも結局なんにも捕まえることができなかったとしても、垣間見られるそれはやっぱり相葉くん自身なのだなあと思うの。

「おまえ一生ハタだよ!」てにのちゃんの言葉がふと心をよぎったりもしたけれど、ハタはハタでできること見えることがあるね。相葉くんは、にのちゃんには肩とか背中貸してっていうなら、かざまくんには膝貸してってかんじだったなあって思った。
心を開いてないって自分がわかんないて言う相葉くんに、そうだねって人見知りだってせっかちだって言うかざまくんや、そしてにのちゃんの眼差しや声はあたたかくて。翔さんが言う「圧倒的な肯定で包み込んできた」のは、にのだけじゃなくて。それぞれがそれぞれを、そうやって包んできたんだろうなあって思ったよ。

そうやって優しくあたたかく相葉くんを包んでくれるひとたちが笑顔であればいいと思うし、なによりその真ん中にいる相葉くんが笑顔でいられますようにと願ってやみません。

32歳のお誕生日おめでとうございます。
アイドルに秘密はつきものだよ☆


相葉くんを観てるとうれしいの。
命のきらめきをそのまま体現してくれるから。
だから、綺麗なんだ。