読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memo -a day in my life-

あいかわらずなボクら。

きっと絶対ホレちゃうよ。

私の中の櫻葉最大級って船長と乗組員だったんですが。
今回だってそんなノリの延長上なんだろうって期待しないようにしてた*1んですが。
越えた。
ひょいっと越えていきやがった。

嵐ふたり旅。*2櫻葉編。


何をどこからどう書こうかっていろんな場面といろんな思いが同時にあちこち浮かんでまとまらないし何よりまず言葉が見つかんない。
何にしてもロケ後感想を言う翔さんを観ながら、いかん!このままでは翔さんが相葉くんにホレてしまう!ってよくわからない心配をしました。
観終わった後あいばくんの彼女になりたいな…。って思ったり。
いつもはその部分て諦めてるというかだってもう可能性はほぼないことじゃないですか。だからそういう向きに考えたりってないんだけど昨日は彼女になるコは幸せだろなーっていうより彼女になりたいなーと思ったのです。あー。なりたい。ただ、なりたい!!!じゃなくて、なりてーなあ…。ってそんなテンションです。ぼんやり。

つきあいはじめのカップルかっ。っていうようなキャンピングカー内のふたりとか。そこで巻き起こるミラクルホラーとか。ふたりで波にのまれてみたりだとか。
「しょーちゃん。これやろっ!次こっちねっ!」とか言う相葉くんに翔さんは「えー?!」とか「まだやんのかよっ。」とか言いながらも結局全部あそこにあったマリングッズをひと通り遊んだのだろうな。
ってその辺はいつもの櫻葉を想像して観てたけど。でもいつもなら兄・櫻井、弟・相葉なのに時々それが逆転して見えたりして。なんかね。不思議なかんじ。貝食べてる時とか。翔さんの顔が弟だった。

いいよいいよ。待ってて。ゆっくりしてて。って言う相葉くんにこんな彼氏最高だーって思ったけど寝てる翔さん観たらどっちが彼氏で彼女なんだかもうよくわかんない。キッチンからあんなにドタバタいう音聞こえたらゆっくりできない。良かった。翔さん寝てて。

未来や病気の話しながらも途中でパスタを食べる相葉くん。そのタイミングでその量を食べるのかい!って思いつつもそこでそうやってひと呼吸おかないといられないんだろうなっていうのもわかる気がした。それを黙って待ってる翔さんとか。そこを編集しちゃわなかったスタッフさんをパチパチしたい。*3

相葉くんの手をぎゅうって握っちゃう翔さんとオレ座ったからって言葉で大丈夫を伝える相葉くん。西日だっつうのに夜明けじゃのう。とか言う翔さん。足の組み方がシンクロ過ぎる。
息遣いで相葉くんを読み取る翔さん。相葉くんもきっとおんなじ様に翔さんのこと読み取ったんじゃないかなあ。なかなか言葉が出ない翔くんに「何かね?」とか言いながら次へ促して。

最後の最後まで相葉ミラクルな落とし穴。草まみれになりながらぽかんと花火を見上げる翔くんとねっころがってわーわー言う相葉くん。
なんてかわいいひとたちだろう。うちに持って帰って机の上に飾っておきたい。ちっちゃくして落とし穴付きの箱庭で飼いたい。観察してたい。
自分から落とし穴に飛び込んで翔さんと肩を組む相葉くん。
オトノハでまで自慢しちゃうくらい100点満点で楽しかった翔さん。

相手を想うことが上手なひととその想いを受けとめるのが上手なひと。
ふたりとも両方に長けているひとたちだけど。
櫻葉ってそこが本当にうまくできてる組み合わせなんだろうなー。
嵐さんどの組み合わせにも言えることだけど。
他のも観たい。けどまず、こないだのお礼にねって翔さんプレゼンツの相葉くんおもてなしデートが観たいなあって思いました。
計画はばっちりなんだけど相手がミラクル相葉くんなおかげで思った通りにならずそこはかとなく残念になってゆく櫻井クオリティなやつ。希望。

まだいろいろ観てないレギュラーやら何やらいっぱいあるんですけどそんなのもう観れなくってもいいや*4くらいに満たされています今。こうして書くために思い返してみてまた幸せな気分です。
とにかく浮かんだものを全部書いてみましたけど。長いな。いつも1時間観て覚えてるとこってほんのひと握りでリピって思い出すことも多いのにこんなにたくさん覚えてるのも新記録です。おそらく。まさしくこんなのはじめてー。
ああ翔さん。相葉くんの「こんなの?」に逐一「はじめてー!」って答えてくれてありがとう。
あおいちゃんの回と合わせて夏の櫻葉でしばらく幸せに生きていけそうです。

*1:だってちゃんだし。

*2:という名のデート。

*3:櫻井先生の授業。

*4:いくない。ちゃんと観る。でもその前にこの回を観てしまいそう。何回も。