読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memo -a day in my life-

あいかわらずなボクら。

あいかわらず。

やっぱりある一線というか、どんだけこう15年経とうが距離が縮まろうが、やっぱり「大野智くん」ていう自分の中で尊敬する部分が。僕いちばん後輩なんですよ嵐の中で。入ったのがいちばん遅いし。みんなが知ってるから。それぞれにあるんですよ。距離が縮まっても、そこは通り越さないから空気感変わんないのかもしんない。ずっとそうなんですよ。
(2015年7月19日 ジャパモン)

相葉くんが、にのちゃんがプレゼントしてくれたゲームは車の中に置きっ放しにしてあるというようなことをテレビ誌(だったかな?)で話題になった時、翔さんがくれた数々のプレゼントのことはちゃんと使ってたり話の中に出してくれたり時にはそのお写真を見せてくれたりと大事に扱ってるぽいのにねー…て比べられるようにつぶやかれてたことがあったのだけど。その時、とーまが「翔くんはかっこいいんだよ!」って言ってたみたいに、それとおんなじように相葉くんもジュニアの頃と変わらず翔さんのことは最先端を行くかっこいい先輩だって思ってるんだろうなって思ったの。そんな先輩からもらったものだから、うれしくて自慢したくて見せびらかしちゃいたくなるんじゃないかなって。そして、にのちゃんのことも変わらず気を遣わなくていい幼馴染のように思ってるんだろうなって。みんなそれぞれ最初に出会ったジュニアの頃の関係性から変わってないんじゃないかなあって。
だから、ジャパモンでこう言ってくれたことはとてもうれしかったのです。やっぱりそうなんだーって。

最近、宿題くんの動画をちょこっと探して観たりして。ちょうどV兄さんの学校へ行こうが復活するっていうのも発表されたところだったので、ああいつか宿題くんも…て思ったりもしたのですけれども。でももう同じようにはできないのかもなあとも思ったのです。あの頃よりみんな大人になったし賢くもなった。取り巻くものも変わったしね。でも、あのひとたちの中身は変わってないんだなあっていうのも思ったよ。

見た目や表現は変わったとこもあるけど。
芯は変わらない。
だからずっと好き。
ちょっと遅れちゃったけど、結成16周年おめでとうございます。
これからもあいかわらずなひとたちでいてね。

BLAST in Miyagiの成功を祈っています。どうか想いが届きますように。
しあわせな空間になりますように。





日常を描いたというのだからそれは至極当然のようにも思うし。対象物を見つめるその眼差しに乗せられた想いはやっぱり作品にでるんだなあって思う。だって見た人みんなの心を動かすくらい素敵だもの。そこに悪意も悪戯もないんじゃないかなあって思うけどな。それほどの悪知恵が働くくらいなら、もっと綺麗な嘘がつけたような気もするし。上手に嘘がつけなくて、隠すことが難しい世の中でもあるのなら、本当を綺麗に見せればいいんだと思う。