読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memo -a day in my life-

あいかわらずなボクら。

ひとり立つ。

arashi a tv music

出場者も発表されて、これから相葉くんがしていくのであろうことを想像していよいよ実感がわいてきて、緊張しはじめています。わたしが。うん。わたしが勝手に緊張したって何がどうなるわけでもないんだけど。


改めて。相葉くん、紅白歌合戦白組司会決定おめでとうございます。


早朝でした。いつも通り起きてダンナの朝ごはんやらお弁当やら用意して。ツイッターチェックして特に何にもなかったから二度寝しよって思った時だった。朝のWSの新聞記事を紹介するコーナーで、相葉くんとかすみちゃんのお名前が載ってる記事が映ってるよってつぶやきが流れてきました。どうやら紅白の司会に名前が挙がってるって記事らしいって。


いやいや。まさか。って。まずはそう思った。毎年そういった予想話や噂話は出てくるし、そしてだいたい当たらない。嵐5人での司会もやり終わったばっかりで、相葉くんひとりにお話が来るなんて。そんなことないんじゃないかなあって。記事には近々決定が発表されるって言葉があったけれども、単なる予想記事だって思った。


でもね。ホントでもうそでもすごくうれしくもあったんだ。そうやって名前が挙がるってことは、それまでに相葉くんが積み重ねてきたものが評価されたってことでもあるから。それだけ認められたって信用されたってことでもあるから。嵐スタジアムで最後締めたのが相葉くんだったのすごくびっくりしたけど(だってやっぱり翔さんだろうと思うじゃん。)その時もおんなじように思ったよ。NHKだけでじゃなくて他でもこつこつとやってきたことを見てきてもらえたんだろうなあって。見つけてもらったんだなあって。
相葉くんなら大丈夫って思った。無理だよできないよ心配だよとは思わなかった。多少の失敗があったって、今はそれも相葉くんだねって受けとめてもらえる環境もあるって思った。


でも予想記事だと思ったし、この日はなかなかツイッター覗くこともままならなかったこともあって。近日中っていうのもまだ日があるみたいなことも目にしたから発表されるにしても先だろうとそのまま過ごして、夕方くらいに開いてみたら、決まってた。お昼過ぎくらいに決定の報が入ってた。


近々って。近日って。どんだけ近いのよ?!(そこかい。)


世間的には司会ができるイメージなんてないだろうところに、新しい姿を見せてやればいいよ!って思った。いつだって新しいところへ連れてってくれるはじめてをもたらしてくれる相葉くんを好きになってよかったって、何かがある度に思うけれども、何回だってそう思わせてくれる相葉くんがやっぱり大好きだよ。
オリンピックまで順番にひとりずつ司会をしていくっていうような記事も出てたけど。わたしもそれをちょっと思ったりもしたけれども(でも年数と人数が合わないよね?)いつもなにかと最後だった(もちろんそうばっかりじゃないけど。)相葉くんが、その先陣を切れること、斬りこみ隊長に選ばれたってことなんだったらそれも誇れることなんじゃないかなあとも思ったよ。


見てくれているひとのためにっていつも言ってる相葉くんが、自分が後悔したくないからって。自分のためにって。そう言ったんだよ。例えば断ったとして、その後の紅白に出るのも観るのも複雑な思いを持ってしまうだろうし持ちたくないって。経験があるからこそ、そこに渦巻くものも向かい風もきっと全部ぜんぶ知ってて。一晩考えて出した答えを、覚悟を、応援していくよって思った。


発表のすぐ後にライブがあって、そこで報告できたこともよかったんじゃないかなあって思いました。4人とファンと味方だけの空間で、会見ていう場や、会見をしてしまってからじゃ言えなかったかもしれないことも話せただろうし、そしてみんなの反応をすぐさま受け取ることもできただろうし。
ハプニングがあっていいって完璧じゃなくていいって安心させてくれる翔さん。お前ひとりじゃ嵐は傷つかねえよって励ましてくれるにのちゃん。差し入れ持ってこうか?って見守ってくれる大野さん。ソロの曲振りを練習の場にさせてくれる潤くん。
失敗したら自分がなにか言われることより嵐に傷がつくんじゃないかって思う相葉くんが本当に相葉くんで。だけどそれを囲む4人がなにより力強くて。
舞台袖でピットイン作業してくれて構わないんだぜ!なんなら見切れてくれて構わないんだぜ!!って思ってる。裏トークチャンネル席やラジオ放送席にずっといてくれていいんだよ?裏でこっそりのつもりが堂々がっつりまわり囲んでくれてそう。でもきっと4人はそれをしないんだろうな。気持ちはそれくらい近くにあるだろうけど。相葉くんはひとりで立てるって大丈夫って思ってくれてると思うもん。


5人で嵐だけど、ひとりでも嵐だね。
嵐でよかったね。嵐でよかったね。
って。その言葉しか出てこないや。
5人で使ってた楽屋のやっぱり自分が座ってたところに座っちゃう、4人のところは空けておくって。なにそれもう。泣けちゃう。

紅白歌合戦。嵐は、えー出場が決まりました。ありがとうございます。で8回目ですって。すごいねそんなやってんだ。しかも今回の司会はー相葉雅紀!(拍手。)やーすごいね。えーいつ聞いたんだっけなあ。あのー事務所の方に、5人呼ばれて。相葉ちゃんその前から聞いてたんだけど。で呼ばれて「紅白、相葉くんで。」みたいな。おっおーマジかあ?!と思ってー。もーだから、もうねえ、なんだろ。僕ねぇたぶんねぇ、もちろん白組勝ってほしいけどー。紅白歌合戦終わって、よいお年を!っていう時、終わったーはい終わりましたーの相葉ちゃんの顔見たら俺ちょっと泣いちゃうかもしんない。泣いちゃうというかね、ちょっと、ちょっとねぇ見れないかも。達成感の相葉ちゃんの顔見たらちょっと僕はねぇ泣いてしまうかもしれない。素晴らしい!みたいなかんじでね。最後の瞬間ちょっと、ちょっと離れようかな逆に。ふふ。ねえ。
(2016年12月6日 大野智ARASHI DISCOVERYより。)



おんなじ気持ちだよ。さとち。
相葉くんに優勝旗持たせてあげたいなー。でもかすみちゃんの笑顔も観たいの。かすみちゃんとなのもうれしいんだよ。倉田兄妹。はじめましての方じゃなかったのもよかったなあって思うひとつです。
自分だって不安だし緊張してるはずなのにかすみちゃんの不安や緊張をやわらげようってする相葉くん。ひとつひとつの言葉もかすみちゃんに語りかけてるようで自分に言い聞かせてるんだろうな。きっとお兄ちゃんしちゃうんだろうなっていうのも想像できるし。かすみちゃんもふわふわしてるけど、芯のあるしっかりしたひとなんだろうなあって思ってる。お互いに頼り頼られながらの雰囲気が本当にほっこりあったかくて。並んでるの観てるだけで優しい気持ちになるもん。嵐との面談の時はかすみちゃんも一緒にスイーツでも食べながら休憩したらいいよ。武田アナもいるなら武田アナも一緒に。武田さんも優しい雰囲気を持ったひとだよね。好きなアナウンサーさんのひとりです。たけたんて呼ばれてるの?


不安や弱さを口にして表に出して、でもそうやってまわりを巻き込んでいくとこ、相葉くんの強さだと思う。言えるようになったんだねえって感慨深くもあったりするよ。相葉くんは言わないひとだったもの。
みんなで作るよ紅白を。
おじゅんが健康面だけをとても心配してくれていて、そういう心配もあるけれども。でも相葉くんはプロだし、まわりの人たちだってプロだって思ってるからそれを信じてる。チーム嵐を信頼しています。


相葉くんらしく。ってそれがいちばん求められてることだと思うから。相葉くんらしく、見せてやれ!魅せてやれ!って思っています。
楽しみにしているよー!!