読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memo -a day in my life-

あいかわらずなボクら。

Happy birthday to Jun Matsumoto

m

潤くんは人が大好きなんだろうな

と思います。

誰かと居るのが大好きなひと。
誰かと向かい合うのが大好きなひと。
自分にないもの
今まで知らなかったこと
自分のものにしていくことが
すごく楽しくて喜びを感じるんだろうな。
勉強家だと思う。


ケンカしてでも、ぶつかり合ってでも
人と向き合いたいひとなんじゃないかと思うの。
自分のコトもぶつけるけど
相手からもぶつけられたい。
正面からがっぷり四つに組み合いたい。
そして解り合いたい。
それ故に
相手の柵を超えちゃったりしたこともあっただろうけど。
でもそれは今
相手を思いやる優しさに
変わっているんじゃないかな。

デビュー当初
辞めたい3人と気ぃ遣いな相葉くんとの中で
どう思ってたんだろう。
と、ふと思うことがあります。
もどかしく思ったこともあったんじゃないかな。と。
そりゃ、ドSにもなりますわな。
自分のテンションを保ちつつ
他人のテンションもアゲてくのって大変だもん。
前に出ることをしないひとたちの中で
それでも何か発信していかなきゃいけない。
となったら自分が出ていくしかない。
そう思ったんじゃないのかな。
隠さない発言も行動も
それに対する反応も
全部引き受けて。
一番の苦労人だったんじゃないかと
思うのです。

今は今で
ライブの演出などを手掛ける彼ですから
嵐をどう魅せたいと思っているのか
つまり
嵐を、他の4人を
どう見てるのか
どう思っているのか
っていうのが気になります。


潤くんのことは
「パーフェクトなひと」だと思っています。
翔くんとは違った意味で。
「パーフェクト」っていう言葉そのものの意味で「パーフェクトなひと」。
何事も全力で真摯に努力して
きっちり成果を出す。
少しでも楽な方ずるい方へと傾きがちなお兄ちゃんたちを
これからもぎゅっと締めていっていただきたい。
「嵐」っていう船があったら
潤くんは機関長さんだと思っています。

石川五エ門のように
どんな仕事もスパッとキレイにこなすのに
こんにゃくが切れない
みたいな
びっくりするようなお茶目さんな部分を持った潤くん。
潤くんが笑ってると嬉しいです。
大口開けて笑ってる顔がかわいくて。
楽しいんだろな。幸せだな。
っていう気持ちが伝わってきます。

いつも
ファンのコが、見てくれる人が
楽しいように。
嬉しいように。
って考えてくれる潤くんが
いつも
楽しいように。
嬉しいように。
いっぱい笑っていられますように。
と願います。

お誕生日おめでとう。
ステキな27歳ライフになりますように。